売電してみよう

売電の仕組みを知ろう

太陽光発電

太陽光発電システムを導入する時には利用方法が2通りあります。1つが自社エネルギーとして利用する方法で、2つ目が売電する方法です。多くの企業で行なわれているのは売電と言っても良いでしょう。売電とは、企業の敷地や所有土地に設置した太陽光発電システムで発電した電力を、その地域の電力会社に買い取ってもらう方法のことを指します。1つの太陽光発電パネルで発電できる量は、設置するパネルの質によって大きく異なります。その為、専門の設置業者に依頼する時には、どの太陽光パネルを利用しているかどうか見積り時に確認を取っておくことが大切なのです。特に高い企業ビルの屋上に太陽光パネルを設置する場合は、質や機能性が高いパネルが向いています。太陽の光をかなり受けることができる為、質の良いパネルを利用することで買い取ってもらえる電力も更に増えるのです。売電する時にはその点も意識して業者を比較することが肝心です。

主な費用を知る

太陽光発電システムを設置する時にかかる主な費用はいくつかあります。見積りをチェックするときにも、どこにどのくらいの費用がかかっているかどうか確認することが大切です。太陽光システムだけの費用であれば、パネル、パワーコンディショナー、接続箱や輸送費などがかかります。売電する場合であれば、売電専用のメーターも必要となるので、その分初期費用がかかってきます。複数の業者に見積り依頼をした場合は、システムに無駄な費用が追加されていないかどうかチェックしておくと良いでしょう。設置する時には工事も必要になり、システムの費用とは別料金となります。設置工事や足場工事、電気工事などが主な見積り項目となります。設置が難しい場所に太陽光発電システムを導入する場合は少し工事金額が高くなる場合もあります。見積り書で不明点があれば、契約をする前に直接業者に尋ねて解決しておくのが良いでしょう。