トップクラスの発電量

蓄電池を併用する

man and women

太陽光パネル中でも、トップクラスの発電量を誇っているのがパナソニックのパネルです。パナソニックの太陽光パネルの場合、同メーカーの専用蓄電池と組み合わせることもできます。蓄電池を利用することによって、昼間集めた太陽光を蓄電しておくことができるのです。蓄電したエネルギーは夜間にもオフィスで利用する電力として使用することができます。また、緊急時や停電時には蓄電された電力を使用することも可能なのです。売電で利用するケースも多いですが、企業で導入する時にはもしもの為を考えて自社利用エネルギーとして利用するのも1つの方法です。パナソニックの太陽光パネルにもいくつかの種類があるので、設置する時には、自社ビルや所有土地にはどのパネルが適しているか、業者と相談しながら決めるのが良いでしょう。

機能が高い

パナソニックの太陽光パネルが人気の理由の1つに高性能という点が挙げられます。太陽光発電システムの導入を検討している企業がまず候補に入れるパネルメーカーと言っても過言ではないでしょう。電力変換効率がトップクラスであるだけでなく、パネルの材質が機能性の高いシリコンとなっている為、パネル自体が軽量であるのも人気の理由となっています。あまりにも重い太陽光パネルだと、ビルの屋根に設置した時に負担が大きく、場合によっては雨漏りや災害時のトラブルにも繋がってしまいます。特に日本は土地が狭い為、狭い敷地で高さのあるビルを建てることが多くあります。その為、軽量で大量の発電ができるパナソニックの太陽光パネルは多くのビルに適合しやすいと言えるでしょう。